佐世保スポット>少し離れたスポット

少し離れたスポット紹介

佐世保から少し離れていますが、もう1泊、という方へのご紹介です。
鈴木 奈保子

川棚町石木川周辺

佐世保駅からJRで1時間弱の川棚駅下車、約5キロ。(タクシーで片道1500円程度)昔ながらの棚田や、尖った頂の虚空蔵山が見えます。本当に何もない所ですが、川の分岐点で、住民の、ダム工事反対行動(映画にもなっている)を見ることができます。訪れることも、支援の一環になります。

宿泊施設は、少し離れた大崎半島に。プール・温泉つきの「国民宿舎くじゃく荘」の他、魚料理が自慢の民宿も数軒。(予約はお早めに。)

波佐見町

川棚町から内陸へ約10キロです。(鉄道の駅はなし。)焼き物の町で、自然も豊か。最近はしゃれたカフェもあり、ビジネスホテルその他、宿泊所が数軒あります。

彼杵町

川棚からJR一駅南。昔、捕鯨で栄えたことから鯨肉の販売が多いです。道の駅「彼杵の宿」では、現地産の食材を楽しめます。海岸沿いに民宿やペンションも、数軒あるようです。

早岐(ハウステンボス)付近

JRハウステンボス駅から、橋を渡れば入場門です。家族連れで楽しめ、夏はイベント満載。園内ホテルはかなり高いので、バンガロー(数名宿泊可)の方が割安です。また、対岸や周辺地区には、割安なホテルが(温泉付きと表示のあるものも)あります。いずれも、混雑が予想されます。

 

佐世保スポット>少し離れたスポット” に対して1件のコメントがあります。

  1. shiramizu より:

    川棚町石木川周辺について

    石木川ダム問題を考えるサイトです。
    「石木川まもり隊」
    http://ishikigawa.jp/
    「長崎県・川棚川の下流にある小さな支流、石木川にダムをつくる計画があります。そしてここには、すばらしい自然環境と懐かしくも新しい13世帯54人の暮らしがあるのです。この時代にふさわしい選択はなんでしょう。いま、私たち一人一人が考えるときです。」

    白水@大会サイト担当者

  2. shiramizu より:

    波佐見町(はさみちょう)について

    波佐見焼ですね。「江戸の昔から庶民の暮らしに深く関わり、ともに歩んできた波佐見焼。今日まで日本の食文化に大きな影響を与えて来ました。」

    波佐見焼/波佐見町
    http://www.town.hasami.lg.jp/machi/chousei/7/1091.html

    波佐見町観光協会
    http://hasami-kankou.jp/

  3. shiramizu より:

    彼杵町について

    彼杵町(そのぎまち)は、長崎県東彼杵郡の中部にあった町で1959年(昭和34年)に南隣の千綿村と合併し、東彼杵町となっています。お茶とみかんとくじらの町のようです。

    道の駅 「彼杵の荘」は高速の東そのぎICから5分。そのぎ茶が無料で飲めるスペースがあります。隣に「ひさご塚古墳」という前方後円墳があり、歴史民俗資料館も隣接、公園として整備されています。

    また、RVパークそのぎの荘(1泊 2,000円/1台)を併設しており、電源使用も可能です。車中泊にはまっている私には、興味ある道の駅です。

    大会サイト担当 白水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください