佐世保スポット>海上自衛隊佐世保史料館

海上自衛隊佐世保史料館

新英研のみなさん、こんにちは。

長崎大会に全国から来られるのを、楽しみにしています。みなさんに訪れていただきたいスポットを一つ、ご紹介します。

海上自衛隊佐世保史料館です。「なぜ自衛隊の設備に?」と思われるでしょう。私もそう思っていましたが、ある女性史研究家の方から勧められて、20年ほど前に、行きました。

JR佐世保駅から5,6キロ(MR鉄道中佐世保駅近く。高速西九州インターの出口付近。)の所にあります。入館無料で土日も開館。どなたでも気軽に入れます。(9:30~5:00)

明るい館内には、海上自衛隊の制服と並んで、旧海軍の物が展示され、歴史的な連続性を感じます。詳しい展示内容は覚えていませんが、目指したのは、海上特攻用のボート、コウ竜(コウの字は、噛むという意味らしい。)の実物大レプリカでした。

粗末なベニヤ製で、(実験中から事故が多く、実用にはならなかったという話だったのですが、)実際に見ると、胸が痛くなります。佐世保は、旧軍港から現在の米軍基地への歴史と共にあり、長崎と異なった意味で、「平和」について考えさせられる場所です。

興味のある方は、ぜひ訪問してみてください。

鈴木 奈保子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です